×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


700Mオーバーの動画をCD-Rに書き込む方法




ほとんどの人達は、700MBをオーバーした動画をCDを焼くのに必死になっています。

(巷では850MBのメディアが出ていると言う噂もありますが)

DiscJuggler・NERO5.5・PrimoCD、などの焼きソフトで、かなり失敗しているのではないでしょうか。

ドライブ次第では、完全に90分メディアや99分メディアが殆ど完全に焼けます。

700MBオ−バ−のDISCに関してはオレンジブックを無視していることから、CD-Rドライブをかなり選ぶ事にはなります。そして99分メディアというのが秋葉原でも少しづづ淘汰されています。

販売側としては、「DVDに移行した方が現実的」という考え方に移行しているからです。

ですからやるなら今の内だと思いますので早々にお始め下さい。

※この99分メディアに関しては保存性を全く考慮していないことからフタロシアニンの
薄いメディアであることは当然でして、色素自体の塗布量が薄いです。(よく透けます)実際に映像を焼き込むのであればDavideoなどのDVDリッピングソフトによる圧縮が現実的だと思います。

用意するソフト

「B's GOLD」「FCDUtilty」「Virtual CD」、あるいは「SimDisc2」「CloneCD」

「CloneCD」は最近製品版のダウンロード方法がありました。

「VirtualCD」をお使いの方は「SimDisc2」は必要ないと思われます。

※VirtualCDを使っている方への解説

@「B's GOLD」で仮想CDを作成し、imgファイルを作ります。これはHDDに収まるので、ファイルサイズは関係ありません。仮想のCDとして認識してくれます。

A「FCDUtility」を使って、imgファイルを、FCDファイルに変換します。

B「VirtualCD」のコンテナに変換したFCDファイルを認識させて、仮想CDのドライブに挿入して下さい。

C「CloneCD」を使ってCDのコピーで書き込みます。

※SimDisc2 デーモンツールを使っている方への解説

@「B's GOLD」で仮想CDを作成しimgファイルを作ります。これはHDDに収まるので、ファイルサイズは関係ありません。仮想のCDとして認識してくれます。

A「FCDUtility」を使って、imgファイルをFCDファイルに変換します。

B変換したFCDファイルを、もう一度「FCDUtility」を使って、isoファイルに変換します。

C変換した isoファイルを「SimDisc2」デーモンツールのドライブにマウントします。

DCloneCDを使ってCDのコピーで書き込みます。

CDに書込む時に2〜4倍以上で書き込むと音が飛んだり読み込みの時に認識されない時があります。

時間は掛かってもその方が確実です。当方の確認によれば約800MB〜850MB位は大丈夫でした。

4倍速が一番良いとは思われますが、もともと99分も焼くという事はそれだけのエラ−を認めての話なので質は保証されなくなってきます。CD作成ソフトについては基準としてはJugglerとNEROが確認されており、B'sに関しては完全にサポ−ト外なので、相性が出る可能性があるものによってはJugglerやNEROよりB'sの方が良いとの判断ができる箇所もあるのです。また、Neroに関しては秋葉原で安売りしているバ−ジョンでは不具合を修正する為、結果的に製品を買うより高くつく可能性もあるので注意が必要です。